michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

【北海道の七夕】なぜ8月7日?「ローソクもらい」とは?おすすめのイベントは?

おはようございます、michikoです。

7日7日に七夕は終わったはずですが・・・

私が住む北海道では、多くの地域が8日7日に七夕を行っています。

今回は「北海道の七夕」について、まとめていきたいと思います!

なぜ北海道の七夕は8月7日なのか?

七夕といえば7月7日を思い浮かべると思いますが、北海道の多くの地域では8月7日が七夕です。

なぜ8月7日なのか?

旧暦から新暦に変わる際、国の方針として、「七夕を旧暦で考えるのか、新暦で考えるのかは地域に任せます」――としたからです。

他の行事や神事、お盆の期間なども含めて検討した結果、北海道は新暦を採用して「8月7日が七夕」とした地域が多くなっています。

同じ北海道でも、道南地域や根室などでは7月7日が七夕だったりするんですよね。

…ということは、道南を境目に日本列島を南下していくと七夕は7日7日?

――と仮説を立ててみましたが、「仙台七夕まつり」をはじめ、東北地方も北海道と同じく8月7日が七夕というのが一般的でしたね。仮説瞬殺(笑)

結論:七夕の日程は本当に地域に任されていた。

f:id:michiko_m:20190714134810j:plain

余談ですが、私は「天の川が綺麗に見える時期によって決めている」と、物心ついた子供の頃から勝手に解釈していました。

ロマンチックでしょ!?←無知なだけ。

七夕に行われる「ローソクもらい」とは?

私が住んでいた地域では8月7日の七夕に、「ローソクもらい」が行われていました。

ローソクもらい?何のこと??――という感じですよね。

「ローソクもらい」とはその名のとおり、子供たちみんなで近所の家々を回り、ローソクやお菓子などをもらうことです。

ハロウィンをイメージしていただけると、近いかと思います。

ja.wikipedia.org

△詳しくはウィキペディアをご覧ください。←丸投げ(笑)予想以上の内容の濃さだったので。

ウィキペディアには「歌をうたい家々を回る」とあるのですが、残念ながら私は一度も歌ったことがありません。地域によるのでしょう。

f:id:michiko_m:20190714134821j:plain

私の記憶では、毎年祖母がローソクやお菓子を買って用意していました。

回られる家も準備しなければいけないので、正直ちょっと大変ではあります。

楽しくて好きな行事だったのですが、私が住んでいた地域では現在「ローソクもらい」をやらなくなってしまいました。

そんな地域が他にもありそうですよね。「ローソクもらい」を行っている地域は貴重かもしれませんね。

北海道の七夕、おすすめのイベントは?

各地で七夕イベントが開催されているかと思いますが、北海道でも七夕イベントが開催されます。

2019年8月3日(土)ニセコ町で花火大会があります。
www.walkerplus.com

あとは、七夕とお盆の時期にあるイベントということで「さっぽろ夏まつり」もありますね!ビアガーデンがいいんですよね~♪
sapporo-natsu.com

花火大会というのも、七夕~お盆の時期に多いので、ついでにご紹介。
hanabi.walkerplus.com

その他にも帯広の「おびひろ七夕まつり」旭川の「烈夏七夕まつり」など、各地域で様々な七夕イベントが開催されます。

北海道に住んでいながらも、行ったことのないイベントがあるので、いつか行ってみたいです。

さいごに

f:id:michiko_m:20190714134816j:plain

皆さんも8月7日の夜、天の川をもう一度見上げてみるのはいかがでしょうか?

北海道以外に住まわれている方も、もう一度願い事が叶うチャンス到来かもしれないですよ!?

私は…「子育てに耐えうる強靭な肉体と精神力が手に入りますように」と願う予定です(笑)

それでは、良い一日を!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

今週のお題「空の写真」に参加中♪

www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com