michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」を中心に、その日に考えたことのメモブログです♡

【1歳2ヶ月】声のボリューム機能、調整不可(;_:) 

f:id:michiko_m:20181125205241j:plain

ブログに訪問ありがとうございます。michikoです。

娘、ただ今1歳2ヶ月。母はここ数日、子育てのあることで悩んでおります。

声が大きい。

そうなんです。ここ一週間くらい、やたら大声で「あーーーーーーーーっ!」と叫ぶようになってしまいました。元気がいいのは良いことですよね。――が、場所を問わないのが問題です(^_^;)

これまでの足跡

f:id:michiko_m:20181125205314j:plain

「今までに大声を出すことが無かったか?」というと、そうではなく、生後5~6ヶ月頃に「声を出すのが楽しいのね♡」なんていう時期がありました。

その月齢の赤ちゃんの大声なんて、たかが知れている声量なので、気にもしていませんでした。少しすると、大声を出すことも無くなりましたしね。

現在の状況

f:id:michiko_m:20181125205337j:plain

大声を出すことから卒業したと思っていたのですが、ここ最近になって完全復活です。生後5~6ヶ月頃とは比べものにならない声量なので、周りの人たちが振り向きます(´ェ`;)お母さんは君のことを愛しているが、さすがに恥ずかしいぞ!


観察してみる

どんな時に大声を出している?

どんな時に大きな声を出しているのか観察しました。
ケース1:家の中で歩き回りながら、大きな声を出す。
ケース2:子育てサロンで遊びながら、大きな声を出す。
ケース3:ショッピングセンターのフードコートで、隣に座っていた女の子に近づいていきながら、大きな声を出す。むりやり連れ戻そうとすると、そこでも大声を出す。

どのケースにも共通しているのは、本人は満面の笑みだということです。最後の連れ戻す時は、拒否の顔ですけどね。

問題点を考える

f:id:michiko_m:20181125212333j:plain

こうやって振り返ると、完全にテンション上がって叫んでますね。「楽しんでいるから、いいんじゃないか」という考えもありますが、他の人に迷惑をかけていることがあるので、なんとかしたいです。

ケース3の時は、大声で女の子を驚かせてしまいました。その女の子のお母さんがとっても良い方で、驚いた女の子に対して、「あら、○○ちゃんのこと気に入ったのかな?良かったね~」とフォローをしてくださり、謝りながら娘を連れ戻そうとする私に対しても、「いいんですよ。一緒に食べたかったのかな?可愛いですね」と言ってくださいました。あぁ、神…(;_:)

その時は、驚かせてしまったお子さんのお母さんに助けてもらいましたが、今後はそうもいかないなと。少しずつでも娘には、TPOをわきまえた行動が出来るようになってもらいたいです!


問題の解決策

f:id:michiko_m:20181125212712j:plain

観察結果から娘の場合は、「楽しい」「話かけている」「拒否」時に、大声になる傾向があると分かりました。

成長の過程で大事だとはいえ、人様に迷惑をかけているのは事実なので、娘のボリューム機能がはたらくように、対策を調べて効果がありそうなものをピックアップしてみました。

①「ここは○○な場所だから静かにしようね」などと、具体的な理由を伝える

② 口の前に人差し指をあてて、「しー」のポーズをする

1歳2ヶ月の娘には、きっと最初は「???」だと思いますが、根気強くやっていくしかないですよね。それとも、言葉は話せなくても、すでに色々理解してたりするのかな!?

さいごに

f:id:michiko_m:20181125205405j:plain
繰り返し繰り返し、地道にやっていくしかないですよね。これが、『しつけ』というやつですね。

大したことではないのかもしれませんが、子育てに関しては、分からないことだらけで、悩んでしまいます(*´д`)oどうか効果が表れますように…☆彡


最後までお読みくださり、ありがとうございました。