michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

簡単に『キレイ』と『健康』を手に入れる!菌活習慣続けています♪

ブログに訪問ありがとうございます。michikoです。

「娘のために健康でいたい!」
「恥ずかしくないキレイなママでいたい!」

30代で出産したということもあり、「娘が成人するまでは自分も元気でいなければ」と強く思うようになりました。「ピンピンコロリ」という言葉がありますが、それが理想です(笑)

f:id:michiko_m:20181111212827j:plain

私がなりたい「キレイなママ」は顔が美人というわけではなく、物凄くオシャレというわけでもなく、身なりをきちんと整えていて清潔感があるという意味です。

そんな目標にむけて、人知れず続けている習慣【菌活】についてご紹介したいと思います。

菌活とは

菌活とは、身体に良い働きをする菌を積極的に取り入れることをいいます。自分の腸内に住んでいる善玉菌を育て、腸内環境を整えていきます。

菌活のメリット

腸内環境が整うと、代謝や免疫力が高まって、身体が元気になります。
他に、ダイエット効果・美肌効果もあり、美容面でも魅力的なメリットがあります。

飽きっぽい私でも続いているので(笑)とっても簡単です。
早速、詳しくみていきましょう!

菌活に使う菌は?代表選手5種!

菌活に使う菌はどんなもの? 代表5種類をご紹介します。

1、乳酸菌
<整腸作用、美肌、抗アレルギー作用>
  ヨーグルト、チーズ、漬物、キムチ

2、麹菌
<消化吸収補助、旨み成分、美容効果>
  味噌、醤油、酢、塩麹、甘酒

3、納豆菌
<骨の強化、血液サラサラ
  納豆

4、酢酸菌
疲労回復、血圧、血糖値抑制>
  酢

5、酵母
<便秘解消、血糖値の抑制>
  日本酒、ビール、ワイン、パン、味噌

f:id:michiko_m:20181111203257j:plain

上の5種類には入りませんが、菌類の『きのこ類(しめじ、舞茸、エリンギなど)』もダイエット、美肌、整腸作用、むくみ解消に良いとされています。

すぐできる!ヨーグルトの乳酸菌アップ方法

できれば効率的に菌活したいですよね。そこで、すぐできるヨーグルトの乳酸菌アップ方法をご紹介したいと思います。

f:id:michiko_m:20181111203234j:plain

その方法は…「ヨーグルトを食べる前にあらかじめ冷蔵庫からだして常温にしておく」です。

乳酸菌が増えて、一度により多く乳酸菌を摂取することができます。朝食に食べたい場合は、前日の夜に冷蔵庫から出しておくといいです。

更にオリゴ糖をかけて食べると、オリゴ糖が乳酸菌のエサとなり、乳酸菌をパワーアップしてくれるので効果的です。オリゴ糖は甘味があるので、プレーンヨーグルトの味が苦手な方にオススメな食べ方です。

さいごに

いかがでしょうか?よく見ると普段から取り入れていたりしませんか??特別な物を用意をせずにできてしまいます。なんて素敵!!(笑)

健康習慣にしては、比較的ハードルが低いのが魅力的ですよね。私は「菌活中」というのを頭の隅において、スーパーで食材を買うようにしています。意識していないと、どうしても偏ってしまうんですよね。

f:id:michiko_m:20181111213233j:plain

何を食べようか迷ったら、とりあえず納豆とヨーグルトを食べています(*´艸`*)一緒に『キレイ』と『健康』を手に入れちゃいましょう!


最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク