michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

イライラはカルシウム不足だから?ストレスで消耗される栄養素とは?

こんにちは、michikoです。

夫が帰宅するなり、「仕事中にイライラしちゃった。カルシウム足りてないのかな?」と言ってきました。

「もっとカルシウムを意識した食事にした方がいいのかな?」と思うのと同時に、「そもそも、本当にカルシウム不足でイライラしているのかな?」と疑問に感じました。

そこで、カルシウムとイライラの関係について調べてみました♪

カルシウム不足がイライラの原因?

f:id:michiko_m:20190123152340j:plain

イライラしてしまった時、「カルシウム足りていないのかな?」と思ったことは、夫だけでなく私も幾度となくあります。

カルシウム不足がイライラの原因になるのか?改めて確認してみると…

直接関係はありませんでした。あれまっ!

食べ物などからのカルシウム摂取が不足したとしても、私たちの体は血液中のカルシウム濃度を一定に保とうと、骨に蓄えられているカルシウムを溶け出して不足分を補うからです。

体ってうまいこと出来ていますね。血液中の「カルシウム不足」な状態は、基本的に起こらないということですね。

不足分を補った骨は大丈夫?

f:id:michiko_m:20190123152334j:plain

血液中のカルシウム濃度が大丈夫なのは分かりましたが、骨に蓄えられているカルシウムがどんどん溶け出すと…

あれ?怖い怖い怖い。想像しちゃいました(笑)骨の方はさすがに大丈夫ではないので、骨のためにカルシウムを摂取しましょう!

イライラに直接関わりはしませんが、骨にしっかりカルシウムを蓄えておかないと、長い期間で考えた時に関係してきますもんね。

では、カルシウムを摂取してもイライラは収まらないの?

f:id:michiko_m:20190123152325j:plain

「カルシウム不足が直接イライラに関わらない」と学びました。では、カルシウム摂取でイライラした気持ちを収めることはできないのでしょうか?

答えは…できます!カルシウムには、脳神経の興奮を抑える働きがあります。

イライラして高ぶっている神経の興奮を収めるために、カルシウムを摂取するというのは効果的なことになります。

カルシウム以外でイライラに効果的なものは?

カルシウム以外でイライラに効果的な栄養素をご紹介します。

イライラに幸せホルモンで対抗!

f:id:michiko_m:20190123152319j:plain

カルシウム以外でイライラに効果的な栄養のひとつめは、トリプトファンというアミノ酸です。幸せホルモン「セロトニン」をつくりだすために必要な成分です。

トリプトファンは身体で作られるものではないので、食べ物から摂取する必要があります。牛乳、チーズ、卵黄、豆腐、アーモンド、アボカドなどを食べて、幸せホルモンでイライラに対抗しちゃいましょう!

イライラで消耗が激しいのはビタミンC

f:id:michiko_m:20190123152312j:plain

イライラしている時、実はカルシウムよりも消耗が激しいのはビタミンCなんです。

ストレスを感じると、人間の体は「抗ストレスホルモン」を分泌して対抗しようとします。その際に必要な原料がビタミンCです。

ストレスが長く続くと、その分体内のビタミンCは大量に消費されることになります。ビタミンCが不足すると、ストレスが解消されず溜め込まれてしまう恐れもでてきます。

「美容の為にビタミンとるようにしてます♪」という方は、美容だけでなくイライラにも効いている可能性ありますね!

もしかしたら、ビタミンCは働く男性にこそ、意識的にとるようにしてもらいたい栄養素かもしれませんね。

まとめ

f:id:michiko_m:20190123152306j:plain

夫の「カルシウム足りてないのかな?」という一言から、色々と調べてたどり着いた自分なりの結論は…

・カルシウム不足でイライラすることは無い
・カルシウムの摂取は神経の興奮を収めるには効果的
・カルシウムよりもビタミンCが不足しているかもしれない
――ということです。

アルコールもビタミンCを消費するって言いますしね。夫の場合はカルシウムよりも、ビタミンC不足が原因な気がします。ブロッコリーも嫌いだと言って食べてくれないですし(笑)

みなさんもイライラを感じたら、ビタミンCを意識的にとってみるのはいかがでしょうか?もちろん、長い目でみたらカルシウムも大事ですけどね。

さっそく夫に話してみよ~っと♪(*´艸`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク