michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

「好きな色」が「似合う色」とは限らない話。

おはようございます、michikoです。

はてなブログ今週のお題「わたしの好きな色」に参加してみたいと思います。

私の好きな色

私の好きな色、それは…

「パステルカラー」です。

f:id:michiko_m:20190624051145j:plain

見ているだけで幸せな気持ちになります。

身に着けても幸せな気持ちになるので、20代の頃はMISCH MASCHなどのパステルカラーの洋服を着ることが多かったです。

しかしながら、さすがに30代ともなると着ることができなくなりました。

悲しい現実。

20代のうちに思う存分、好きな色の洋服を着ておいて良かったと思います。

髪型もそうですが、その年齢でしか出来ないことってあるのかもしれませんね。

大人になった今、着たい色

大人になった今、素敵だなと思う洋服の色の組み合わせに「ベージュ×白」というのがあります。

ファッション誌などで見かける度に、

上品で素敵♡

――と思ってしまいます。

f:id:michiko_m:20190624054125j:plain

マネしたいところなのですが…

恐ろしいほど似合いません(笑)

「好きな色」が「似合う色」とは限らないな~とつくづく思いました。

色が与える印象は大きい

色が与える印象は、なにかと大きいですよね。

パステルカラーの洋服を着ていた20代の頃、「見た目と中身のギャップが激しい」とよく言われていました。

それだけ各々、パステルカラーからイメージを膨らませていたということの表れでしょう(笑)

f:id:michiko_m:20190624070056j:plain

話は少し変わるのですが、ネイルサロンに行った時のエピソードを。

同じネイリストさんに2度ネイルをしてもらったことがあるのですが…

一度目に黒スーツで行った時は、会話が一切ありませんでした。

「話しかけてはいけない」と、ネイリストさんが気を使ってくれたのかもしれません。

二度目にパステルカラーの洋服で行った時は、たくさん話しかけてもらいました。

二度目に話かけてもらったのはリピート客だからというわけではないと思います。

『人は見た目が9割』なんていう本が過去にヒットしましたが、色が人に与える印象は大きいことを実感した出来事でした。

さいごに

残念なことに「好きな色」が「似合う色」とは限らないので…

「好きな色」は小物でひっそり身近に置いておきたいと思います。

色によって自分の気分が変わったり、人に与える印象が違ったり、面白いですね♪

それでは、良い一日を!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com

スポンサーリンク