michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

【北海道】コロナ第二波の中で生活していて感じたこと。

こんにちは、michikoです。

「おうち時間」に慣れてきた今日この頃。

39の県で緊急事態宣言が解除ということですが・・・

私が住む北海道、コロナ止まりませんっ!

今回は新型コロナウイルス第二波の中で生活していて感じたこと(出来事)を記録しておきたいと思います。

偶然出会った少年に言われた一言。


不要な外出をしない生活をしていましたが、人がいないであろう時間・場所を狙って、2歳の娘と公園に行っていました。

とある日、ひとりで遊んでいた少年に突然話しかけられました。


「一年生(小学校)になったんだけどね、学校休みなんだ。でもね、大丈夫だよ!だってね、ブランコ乗ってるの楽しいよ!」

私が話しかけたわけでもないのに、一方的に宣言されました。

思わず心がギュっとなっちゃいました。

子供って察しますよね。

「大丈夫?」って聞かれたことがあるのかな!?

子供なりに戦ってるんだなって思ったら、なんとも言えない気持ちになりました。

「君は痛みのわかる立派な人になるよ!」と心の中で思いながら、サヨナラしました。

公園で見た医療従事者の方たち。


人を避けて公園へ行くと・・・

医療従事者の方の昼休みに遭遇しました。


皆さま疲れ切っている(;'∀')

そこは、コロナ患者も受け入れている大きな病院近くにひっそりと佇む公園でした。

ソーシャルディスタンスを保ちながら、続々と医療従事者の方たちが休憩にきます。

普段はそんなに人が流れてくることが無かったと思うんだけど・・・

お察しします。

医療従事者の皆さま、本当にありがとうございます!

この姿を見て、身が引き締まりました。

自分が医療従事者の方に対してできることは、お世話にならないこと。

今後も気をつけます!

人に優しくされて、自分の小ささを知る。


「マスクバブル崩壊」なんていう言葉を見かけるようになってきましたね。

そのうち入手しやすくなってくることでしょう。

なんですが…なんせ外出していないので、新たにマスクを入手できていませんでした。

子供用マスクももちろん入手ができず、2歳の娘には手作りマスクを使ってもらっていました。


そんなある日届いた手紙に・・・

子供用マスクが入ってる!(゚Д゚)しかも私の分までっ!

ご近所の方が「子供用マスクがたまたま売ってたから」と、手紙と一緒にポストに投函してくださいました。

接触しちゃいけないということで、近所なのにあえてのポストイン。

家族を守るのに必死すぎて、他人を思いやる心を忘れがちだったのでハッとしました。

人の優しさが身に染みる。

「こういう人でありたい」と思いました。

ちなみに、後日ご近所さんにはお礼を伝えることができました。

さいごに


今回は医療従事者の方にしかふれていませんが・・・

保育園・学童保育などで働いてくださっている方、スーパー・ドラッグストアなどで生活必需品を供給し続けてくださっている方、物流を止めることなく働いてくださっている運送業界の方など、想像して考えば考えるほど感謝の気持ちがあふれてきます。

娘のトイレトレーニングなんかでイラついてる場合じゃないなと(笑)

この機会で感じたこと、学んだことを忘れないようにしなければいけないと思っています。


コロナ第二波来てほしくないと願ってはいますが、他の県でも来ちゃう気がしてなりません。

緊急事態宣言が解除されたとしても、気を緩めずにいていただきたいです。

少しでも早くコロナが完全終息する日がきますように。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

お題「#おうち時間

\応援してもらえると嬉しいです/
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com