michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」を中心に、その日に考えたことのメモブログです♡

【クリスマスの記録】サンタさんからは『スイスイおえかき』が届きました

ブログに訪問ありがとうございます。michikoです。

「去年のクリスマスって何したっけ?」――と、毎年言い合っている私たち夫婦。来年のクリスマスも間違いなく、思いだすのに時間がかかることでしょう。

次回にむけて記録しておきたいので、我が家のクリスマスのことを書かせていただきます。

クリスマスの装飾

f:id:michiko_m:20181225163318j:plain

娘が1歳ということもあり、クリスマスツリーを飾っても破壊されそうで、我が家にはまだちゃんとしたツリーがありません。

せめてもと、100均で購入したウォールステッカーを貼りました。200円のもの(大きなクリスマスツリー)と100円のもの(サンタさん)を組み合わせました。このクオリティのものが、100均で購入できるとは、ありがたい世の中になったものです。

写真を見るとわかるとおり、ステッカーの貼り方が雑です(笑) クリスマスツリーの接続部分を、少し重ねて貼れば良いものを、気づいたのに修正せず。性格がでていますね。

f:id:michiko_m:20181225163329j:plain

あとは、これまたダイソーで300円で購入した、小さな木製のクリスマスツリーを飾りました。この商品は去年購入したので、2回目の登場になります。このツリー、家族3人全員がなぜかとても気に入っています。来年以降も飾りたいです。

どうやら私、「100均で売ってる100円以外の商品」が好きみたいですね(•̑д•̑ ๑ )

クリスマスの料理

f:id:michiko_m:20181225163339j:plain

クリスマスの料理ですが、ピザを頼み、ケーキを買ってきて、チキンは夫に帰宅途中ローソンで調達してもらい、後はサラダを作って…料理を手抜きしてしまいました( ´艸`)

皆様のお宅のクリスマスを拝見していたら、とても恥ずかしくなりました。しかも、ケーキでさえ危うく購入できないところでした。来年こそは、素敵なクリスマスっぽい料理を用意したいものです。 

クリスマスのプレゼント

f:id:michiko_m:20181225163353j:plain

サンタさんから1歳の娘へのプレゼントは、『スイスイおえかき NEWカラフルシート』という知育玩具でした。

『スイスイおえかき NEWカラフルシート』とはどんな商品?

のびの~び使える大きな(78×100cm)カラフルシートです。水で描くので汚れる心配がありません。お絵描きはもちろん、専用ローラーやスタンプで遊べます。

シートに描いた絵は乾けば消えるので何度でも楽しむことができます。シートはカラフルな4色になっているので、色覚えもできます。

『スイスイおえかき NEWカラフルシート』に対する娘の反応

プレゼントを発見した瞬間、「わぁ!」という顔をしながら、プレゼントに駆け寄ってきてくれました。

なんて良いリアクションをするんだ!!こんなリアクショアンされたら、何でも買ってあげたくなるじゃないか!!!こういうリアクションって大事ですよね。大人の私はすっかり忘れていたので、娘から学ばせていただきました。

娘は、もともと書くことが好きだったということもあり、さっそく遊んでくれました。

『スイスイおえかき NEWカラフルシート』に対する私の感想

最初は、『ペンだけ付属されているおえかきシート』をと考えていたのですが、夫が「スタンプとか、ローラーあった方がいいよ」と機転を利かせて商品変更しました。

その予想は大当たりで、1歳3ヶ月の娘では上手にペンが使いこなせず、ローラーやスタンプの方が簡単に遊べました。『スイスイおえかき NEWカラフルシート』の対処年齢が1歳6ヶ月以上なので、そんなものなのかもしれません。夫、いい仕事しました!


普段からクレヨンで遊ばせることはありますが、「紙からはみでる」「クレヨン食べる」があるので目が離せませんでした。『スイスイおえかき NEWカラフルシート』だと安心できるので、母としてもこのプレゼントは嬉しいです。

おわりに

f:id:michiko_m:20181225163347j:plain

2018年のクリスマスを振り返ると、家族まったりで楽しかったですが、反省することもありました。

来年の自分へ伝えたいこと…
-クリスマスケーキを購入するなら、早めに予約しよう
-料理も早い段階で考えよう
-サンタさんは忙しいから、早めにおもちゃの希望をだそう
ようするに、慌てないようにということですね。

そういえば子どもの頃、「あわてんぼうのサンタクロース」という歌が好きだったな~。


全くためにならない内容にも関わらず、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク