michikoのメモ帳

「育児」「生活」「美容」その日に考えたこと。

「保育士」という職業について考えてみました。

おはようございます、michikoです。

自分の子供が保育園に通っているわけではないのですが、「保育士」という仕事について考えることがあります。

「すごいな~」って思ったり、「待遇大丈夫かな?」って思ったり。

自分なりに「保育士」という仕事に感じたことを、今回は好き勝手に話しています。

気が向いたら、お付き合いしていただけると嬉しいです。

保育士さんはやっぱりプロ。

娘と公園で遊んでいると、保育園の子供たちと一緒になることがあります。

\そんな、ある1日のことを書いている話/
www.michiko-memo.com
観察していると、保育園の先生の凄さがよくわかります。

公園の遊具で遊ばせること一つをとってみても、安全な範囲で子供の能力を最大限に引き出すように遊ばせています。

声かけにしても、サポートの仕方にしても、とにかく上手で感心します。

プロと素人(私)の差をとても感じる瞬間です。

保育士をしてたという経歴を持つ、結月さんの▽こちらの記事も…
www.hidamariblog.com
「さすがプロ!」と思わずにはいられない内容です。

具体的にどのように子供に接したら良いか、とても勉強になりました。

そんな風に、公園で保育士さんと接する機会があったり、ブログで保育士さんのお話しを読んでいたりしたら…

保育士のこと、もっと知りたいという欲求がでてきちゃいました。

保育士の待遇を考える。

「もっと保育士のことを知りたくなってしまった」ということで、保育士のお給料はどのくらいなのか調べてみました。

まずそこをチェックしてしまうだなんて、いやな奴ですね。しかし、大事なことだと思うので続けます。

私が住んでいる北海道で限定して見てみると・・・
f:id:michiko_m:20190712153201j:plain
引用元:https://job-medley.com/cw/pref1/

予想通りの結果!

――というのも、「保育士のお給料だけでは生活が苦しいから、夜のお仕事してます。」というのを、昔何度か聞いたことがあったからです。今はそのような方がいないことを願います。

生活のできる金額ですが、貯金をしたり、趣味に使ったりするには厳しいかもしれないですね。

今は男性の保育士も増えているので、家族を養わなければいけな方もいることでしょうし…やはり厳しい金額だと思います。

「保育士」を尊敬をしているからこそ、もう少し何とかならないのかなと思ってしまいます。

hoiku-shigoto.com
ちなみに△こちらを読むと、給料だけではない「保育士」の大変さがわかります。

こういうことを知ってしまうと、10月から始まる幼児教育・保育の無償化よりも先にすべきことがあったのでは…と感じずにはいられないです。

自分の子供も幼児教育・保育の無償化の対象になる予定で、家計に余裕はないので有難いことであり本当に助かるのですが、申し訳ない気持ちにかられるといいますか、なんだかモヤモヤしてしまいます。

そもそも、私が退職した理由の一つとして、「自分の望むタイミングで、自分の望む保育園に入ることができない」というのがありました。

保育士が不足していない世の中だったら…今頃働いていたかも!?

保育士の働く環境を整えることが、女性活躍推進にも繋がるような…なんて。

エラそうなことを言える立場ではないのですが、そんなことが頭をよぎることがあります。

大人になってから保育士になりたくなることもある!?

私は自分がこんなに子供のことを好きになるとは思っていませんでした。

20代前半の私は、「子供はよくわからないので怖い」くらいに思っていました(笑)

そのようなこともあり、ここ数年になって保育士の魅力に気がついてしまいました。遅いですよね。

魅力に気がついてしまったので…

今から保育士になることができるのだろうか?

――と疑問を抱いたので確認してみると、「可能」でした。

しかし、勉強する時間・費用はどうするのかという問題が発生します。

子育て中の主婦にとってはハードルが高いです。

f:id:michiko_m:20190712153217j:plain

有名人だと、立花胡桃さんが保育士に転身していますね。このハードルを越えたということですから、情熱ですね。

大人になってから「保育士」になることは可能ですが、相当な覚悟と情熱が必要だと思います。

私のように大人になってから「保育士」になりたくなるという人もいると思うので、ハードルの問題がクリアできたら人材確保に繋がりそうな気もしますが…

ハードルが低くなると、それはそれで問題が出てきそうですね。む、難しいです。

さいごに

「保育士」という仕事に色々と感じたことがあったので、好き勝手にお話ししてしまいました(^_^;)

そんな話にも関わらず、最後までお付き合いしてくださった方、ありがとうございます。

これからも機会があれば、保育士さんを見て学ばせていただきたいと思っています。

そして、やはり「保育士」という仕事はすごいと思いますので、働く環境が良くなることを願いつつ、陰ながら応援しています。

それでは、良い一日を!


www.michiko-memo.com
www.michiko-memo.com

スポンサーリンク