michikoのメモ帳

「育児のこと」「生活のこと」「美容のこと」など、その日に考えてみたことのメモブログです♡

知ったかぶりでした。ブルーライトのこと説明できないので調べました!

スポンサーリンク

f:id:michiko_m:20190126162355j:plain

こんにちは、michikoです。

1歳の娘に、家専用のブルーライトカットめがねを破壊されてしまいました。悲しいけれど、手の届く所に置いていた私が悪いです。

アロンアルファで接着して使用してみたものの、しばらくすると取れちゃいました。

ちなみに、アロンアルファなので折りたためませんでした(*´艸`)

そんなこともあり、再びブルーライトカットめがねを購入することにしました。

「そういえば、ブルーライトのこと知ってるようで知らないなぁ」と思ったので、ブルーライトについて調べました。

出来るだけ簡単にまとめます!

ブルーライトとは?

f:id:michiko_m:20190126162347j:plain

ブルーライトとは、パソコンやスマートホンなどの液晶画面やLED照明から発せられる青色光のことです。

人の目で見ることができる光の中で最も波長が短く、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達する強いエネルギーを持っています。

ブルーライトは目にどう影響するの?

f:id:michiko_m:20190126162328j:plain

ブルーライトカットめがねが爆発的に売れ続けていたりしますが、目にはどのように影響を及ぼすのでしょうか?

網膜にダメージ

ブルーライトは目の角膜や水晶体で吸収されず、奥の網膜にまでストレートに届くので、網膜は必然的にダメージを受けてしまいます。

ブルーライトが網膜の損傷を引き起こし、加齢黄斑変性症の進行や失明を早める可能性がある」という研究も発表されています。

眼精疲労を起こす

ブルーライトはエネルギーが強く、瞳孔を縮めようと目の筋肉も酷使されるので、眼精疲労が起こりやすくなります。

目の他にブルーライトが影響することはあるの?

f:id:michiko_m:20190126162321j:plain

目以外にブルーライトが影響することはないのでしょうか?

睡眠障害

人は網膜に到達する光の量や食事のタイミングなどで体内リズムを保っています。

夜でもブルーライトの強い光をあびることによって、体内リズムが乱れ睡眠障害が起きやすくなります。

現代病

ブルーライトによって体内リズムが乱れると、ホルモンなどにも影響を及ぼしてくるので、肥満、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、がん、うつなどの引き金になることもあります。

まとめ

f:id:michiko_m:20190126162313j:plain

悪い影響ばかりで怖くなりましたよね?書いている私も怖くなりました(笑)

ただ冷静に考えると、睡眠障害についてはブルーライトどうこうではなく、例えば「寝る前のスマホはやめる」とか、寝る前の習慣に気をつければ十分だと思います。

睡眠障害を起こさなければ、体内リズムが乱れることも少なくなって、現代病のリスクも減りますしね。

病気になるとしたら、ブルーライト以外の影響でなる可能性の方が高いですよね。なので、ブルーライトに対して過敏に反応する必要はないと思います。

とは言え、「長時間のTV・スマホ・PCの使用は控えるよういした方が良い」と思いました。

こうやってブログを書いていたりと、現実はなかなか難しいです。

頭の片隅にブルーライトのことをおいて、なるべく目を労わるようにしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
www.michiko-memo.com